事業内容
部門紹介

部門紹介

送電設備工事部門

 主に、関西電力株式会社管内の架空送電設備における測量・設計・仮設工事、基礎工事、組立工事、架線工事、保守・点検工事を行っています。

 

  • 測量・設計:
     
  • 仮設工事:
    鉄塔建設を安全かつ迅速に行うための下準備となる工事です。施工計画書に基づき、資機材の輸送ルートの舗装及び運搬、保管場所の確保等を行います。
     
  • 基礎工事:
    自然災害でも鉄塔が倒れないように強固な基礎をつくる工事です。掘削機を使用して十数メートルの深さまで掘ります。掘削後、脚材を据付て鉄筋を組立ます。その後に、コンクリートを流し込み、固まったら掘削した土を埋め戻して転圧します。
     
  • 組立工事:
    部材を組合わせて鉄塔を建てる工事です。地上で部材を仮組し、鉄塔中心部に設置したクライミングクレーン、クレーン車、台棒等を使用して吊り上げます。吊り上げた部材はラインマンの手によって取り付けを行います。
     
  • 架線工事:
    鉄塔間に電線を張る工事です。まずは細いナイロンロープを渡して巻き取り、次に太いワイヤロープ、そして電線と徐々に太い物に引き換えを行います。弊社ではドローンも使用しています。
    引き換え後は、定められた電線の弛度になるよう調整を行い、電気を絶縁する碍子(がいし)や電線同士が接触しないようにスペーサ等の取付を行います。
     
  • 保守・点検工事:
    鉄塔・送電線の機能を維持する為に伐採や鉄塔の塗装工事などを行います。自然現象から自然災害まで、様々な影響を受ける鉄塔や送電線の補修や点検を行います。

 

不動産部門

  • 本社並びに機材センター・社員寮の保守及び管理
    定期的な保守及び管理を行い職場環境の改善を行っています。
     
  • 自社所有のマンション・アパート・駐車場の保守及び管理
    お客様に、末長く快適にご利用頂ける様に、定期的な清掃や補修を行っています。
     
  • 新規事業計画の策定
    保有資産の有効活用方法や新規事業のリサーチを行っています。
ページトップ